見やすさがポイント


何がどこにあるのか、同じ家に住んでいるのに家族がわかっていない…なんてこと、ないですか?
普段家事にはノータッチな夫や、自分のことすらままならない子供。
見やすい収納をしてあげればそんなストレスからあなたも解放されるのかもしれないですね!誰もが見てわかりやすい収納をご紹介します。

◆ファイルボックスは収納の必需品
棚などに、ファイルボックス背面を手前にして収納します。中身が見えないので、スッキリ見えます。統一したおしゃれなラベルを貼ってラベリングすると、何が入っているのか一目瞭然。取り出しやすい収納になります。

◆A4サイズのファイルケースで書類を分類
引き出しのファイルケースにラベリングして収納すると、片付く上に見やすいです。
ジャンル別に収納がおススメです。
子ども用は、一人一個は専用を作って、学校のプリント類を収納。自分でしまったり出したりさせてみてもいいですね。
DMなども、収納する場所があれば散乱することはありません。
引き出しが書類でいっぱいにならないように、定期的に書類の整理を。
分類していれば、書類を確認したり、処分したりするのに時間をかけなくてすみますね。

◆文房具は鉛筆立てより、小さめの引き出しに収納
文房具類も、ペン・のり・電池などのアイテム毎にラベリングして収納。
見やすくて取り出しやすい、片づけだって、ものが「帰る場所」があれば便利です。
鉛筆立てだと、ついつい色々入れ過ぎてしまいゴチャゴチャに。
引き出し収納をおススメします。

◆洋服も引き出しの衣装ケースに分類
衣替えの季節って苦痛だったりしませんか?
夏物、冬物、一年通して着るようなカットソーなどに分類して、引き出しの衣装ケースに入れて収納。季節に合わせて使いやすい段に引き出しを入れ替えることで、衣替えの手間が省けるのです。


見やすく取り出しやすい収納というのは、まず分類すること。上手に分類して、ラベリングすれば、誰が見ても、ものが取り出しやすい収納になります。